2013年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
モア・トゥリーズ・デザイン/more trees design
もりがたり

more trees designは2011年に設立。ボードメンバーは5名。more treesと深く関わってきたプロフェッショナル達が集結している。企業ミッションは、more treesが育む森林リソースと都市や企業をつなぐこと。more treesブランドを活用したコラボレーションプロダクトやオリジナルプロダクトの企画/開発、企業とのタイアップPR企画、さらに、森林リソース活用に貢献するためのプロジェクト企画、コンサルティングを実施しており、多彩な実績を蓄積している。

●プロダクトはこちらからご購入いただけます -「more trees store」- http://shop.more-trees-design.jp/


月別アーカイブ: 4月 2013

靴下で、もりがたり。

more trees designの深津です。こんにちは。

さて、先日我々more trees designは、
福助株式会社さん、そしてmore trees賛同人である
5名のクリエイターの方々とコラボレートして靴下を作りました。
130周年を迎えた福助さんとのスペシャルチャリティプロジェクトでした。
Webはこちらから>>>http://fukuske-moretrees.com/fukuske/

参加いただいたのは、
信藤三雄さん、信國大志さん、祐真朋樹さん、
高橋理子さん、ミック*イタヤさんです。
みなさま、本当にこころよくお引き受けくださいました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

実は靴下作りと言うのが本当に面白くて。
制作過程が、ものすごく奥が深いだけでなく、
実にいろんな表現ができるんですね。

プロジェクトがスタートしたときは、
それぞれのクリエイターの方々から、
海外のパーティソックスを日本製で実現してみたい、
蛍光色でオリジナルパターンを実現してみたい、
かかとを靴下全体に配置できないか、
アートをそのまま靴下にできるだろうか、
などなど、次々にユニークなアイデアが出てきました。
ものすごく楽しいなと実感しながらも、
正直これは全部カタチにできないんじゃないか・・・・とも思ったものです。

しかーし、福助さんは、全部をがっちり受け入れてくれて、
まずファーストサンプルに取り組んでくれたのです。
もちろん、中には残念ながらカタチにならなかったアイデアもありましたが、
それでも勝率8割という具合で、ほとんど具現化できたんですね。

まずその、福助さんの素晴らしいチャレンジ精神と、
靴下を実際に作り上げる工場の方々の技術力に、
足元からの日本力を感じた次第です。感服しました。

さて、じゃあ、この靴下、どう森づくりに活かされるかというと。
売上の一部がmore treesに寄付されるんです。
でも、その割にはデザインに「自然」という要素が少ないね、
なんて感じる方もいらっしゃるかと。

これはですね、
やっぱり大事なのはモノ作りは
作っている人たちが一番楽しいことがまず重要だと考えたからです。
そうじゃないと、やっぱり靴下も面白くならないし、
カッチョ良くならないのではないかと考えたからです。
そして、これはいい!と思って買う行為が、
最終的に森づくりにつながっているのであれば、
やっぱり森づくりも楽しいものだと感じていただけるのではないかと
考えたからです。

本当は、スギの繊維を使ったり、鹿革を使ったりして、
森のリソースをふんだんに使い、
木材活用を足元から促進してみたいという思いはありました。
でも、やっぱり、まだまだ現代の製造工程に合わせると
どかーんとコストがかかっちゃうんです。
まだまだ、工夫が必要なのです。
だから、今回はまず、福助さんと一緒に、
お互いがすごく楽しかったですね、
と言えることから始めましょうと言うことで
意見が一致したのであります。

森づくりは、ともすれば、
環境貢献な一面だけが大きくクローズアップされがちです。
しかし、やっぱりまずは、私たちが森と楽しくつき合えなければ
結果的にその関係は、良好なものにはならないのではないかと、
僕らはいつも考えています。
そしてつき合い方も現代にあわせて、もっともっと多様性に富んでいていい。
恋愛は、やっぱり楽しくないと。

この靴下には、そんな”もりがたり”が隠されておりまする。
ご購入はこちらから>>


カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。